facebook

ワンズ不動産
0120-05-7313
不動産売却/買取のお問合わせ任意売却のお問合わせ


0120-05-7313
不動産

売却時の媒介契約は3種類

売却時の媒介契約は3種類

媒介契約には「一般媒介」「専任媒介」「専属専任媒介」の3種類があります。いずれも基本的な契約内容は同じですが、それぞれ特徴があります。どの種類の媒介契約を選択するかは、どのように売却活動を進めていくかなど、考えている売却方針を踏まえて、自分の意思で選ぶようにしましょう。

一般媒介契約

一般媒介契約

媒介契約の一種で、複数の業者に重ねて仲介を依頼できるもの。並行して依頼している業者にほかの業者を明らかにする義務のある「明示型」と、伏せておける「非明示型」がある。一昔前は媒介契約といえば「非明示型」が多かった。自分で発見した相手と取引することも可能。売り手にとっては有利な条件で取引できる機会が増えるメリットがあるが、業者側から見るとほかの業者に先を越されるおそれがあり営業活動で熱意に欠ける面がある。

専任媒介契約

専任媒介契約

媒介契約の一種で、仲介を依頼できる業者が1社に限られる形式。自己発見取引は可能。依頼を受けた業者は、契約を結んだ翌日から7日以内に指定流通機構(レインズ)に登録して登録済み証を交付しなければならない。また、2週間に1回以上の割合で活動状況について文書で報告するなど、積極的に取引相手を見つける努力をするように義務づけられており、一般媒介契約に比べて熱心な活動が期待できる。有効期間は3か月以内。

専属専任媒介契約

専属専任媒介契約

専任媒介契約のバリエーションの一種で、依頼者は仲介を依頼した業者が見つけた相手方としか契約できない。自分で取引相手を見つけて契約することも制限される。契約期間は3か月以内。依頼者側の縛りがきつくなる代わりに仲介会社の義務も厳しくなる。契約を結んだ翌日から5日以内に指定流通機構(レインズ)に物件を登録、1週間に1回以上の文書による活動報告も義務づけ。媒介契約の中でもっとも速やかな成約が期待できる。

媒介契約の種類と特徴
媒介契約の種類と特徴
媒介契約の種類と特徴
媒介契約の種類と特徴

媒介期間は1ヶ月~3ヶ月の間で売主様のご都合に合わせた選択をして頂けますのでお試しでも結構です。
お気軽にお申し付け下さい。
媒介期間の種類は(一般、専任、専属専任)契約を売主様のご都合でお選び頂けます。

媒介期間は1ヶ月~3ヶ月の間で売主様のご都合に合わせた選択をして頂けますのでお試しでも結構です

媒介期間は1ヶ月~3ヶ月の間で売主様のご都合に合わせた選択をして頂けますのでお試しでも結構です


不動産

不動産売却のお問合わせ
お問合わせ

ページのトップへ
ワンズ不動産株式会社 〒530-0047 大阪市北区西天満5丁目14-7 和光ビル7F(MAP)
Tel:06-6363-7313 Fax:06-6363-7314
営業時間:9:30~19:00

ワンズ不動産株式会社

〒530-0047 大阪市北区西天満5丁目14-7 和光ビル7F(MAP)
Tel:06-6363-7313 Fax:06-6363-7314
営業時間:9:30~19:00

ページのトップへ
Copyright © ワンズ不動産 Co.Ltd., All Rights Reserved.